第1条【定義】

本規約において使用する用語の意義は、次に定めるとおりとします。

当社 株式会社クリエイティブ エンタテインメント
当サービス 当社が提供するGATErz(ゲーターズ)およびそれに付随するサービス
本規約 以下に定めるGATErz利用規約
ユーザ 当サービスを閲覧および利用する企業、団体および個人
登録情報 当サービスにおいてユーザーが当社に送信し、当社にて保管している情報
ログイン情報 登録情報のうち、ログインに必要なメールアドレスおよびパスワード
クライアント 当サービスにおいて、業務を依頼する目的でアカウントを保有する企業、団体および個人
クリエイター 当サービスにおいて、業務を受託する目的でアカウントを保有する企業、団体および個人
案件 当サービスにおいてクライアントがクリエイターに依頼する業務の単位
案件の進行 案件の申し込みから完了に至るまでの手続き
コンテンツ 画像、文章、プログラムなどの著作物

2条【利用規約の適用範囲】

  1. 本規約は、当サービスにおいて、当社とユーザとの間の一切の事項に適用されるものとします。
  2. ユーザは、当サービスを利用することにより、本規約の全ての記載内容について同意したものとみなされます。
  3. 本規約の規定とその他の契約などが異なる場合は、当該のその他の契約などの規定が優先して適用されるものとします。

3条【利用資格】

  1. 当サービスを会員として利用する条件は、次に定める通りとします。
    • 当サービスを利用するために必要なあらゆる機器、ソフトウェア、通信手段を自己の責任と費用において、適切に整備すること。
    • 本規約を理解し、同意していること。
    • 未成年である場合は、当サービスの利用について、親権者の包括的な同意を得ていること。
  2. 以下のいずれかに該当する場合、当社はユーザー登録の不承諾、または利用停止および退会させることができるものとします。
    • 当社が提供するサービスにおいて過去に規約違反および不正利用があった場合。
    • 本規約またはその他の契約などに違反した場合。
    • その他弊社が不適切と判断した場合。

4条【利用登録】

  1. 当サービスにおいて、ユーザとしての利用を希望する者は、本規約の内容に同意した上で、所定の方法により、会員登録の申込を行うものとします。
  2. ユーザは登録情報に変更があった場合、すみやかに登録情報を修正し、常に正確な情報が登録されているよう管理する責任を負います。
  3. 個人が会員登録する場合においては、利用者本人が当社の求める情報を真実に基づいた内容で提供するものとします。
  4. 法人が会員登録する場合においては、利用法人の担当者が当社の求める情報を真実に基づいた内容で提供するものとします。
  5. 個人が会員登録する場合においては、当社が別に認めた場合を除き、複数のアカウントを保有しないものとします。
  6. 法人が会員登録する場合においては、当社が別に認めた場合を除き、同一の担当者が複数のアカウントを保有しないものとします。
  7. 個人が会員登録する場合においては、同一のアカウントを複数人で共有しないものとします。
  8. 法人が会員登録する場合においては、同一のアカウントを複数の担当者で共有できるものとします。ただし、異なる法人単位で同一のアカウントを共有することはできません。
  9. ユーザはいかなる場合においてもアカウントを第三者に貸与または譲渡することはできません。
  10. ユーザは、自己のログイン情報の不正利用の防止に努めるとともに、その管理について一切の責任を持つものとします。第三者によるログイン情報の不正利用により生じた損害について、当社は一切責任を負いません。
  11. 法人が会員登録する場合において、担当者に相当期間連絡がつかない場合に限り、当社は同一法人内の他の者に登録情報を開示し、引き継ぎを依頼できるものとします。

5条【退会】

  1. ユーザが退会を希望する場合は、info@gaterz.jpへメールにて退会の申し込みを行うものとします。
  2. ユーザは、案件の進行中、または当社に対して支払・履行債務がある場合は退会できないものとします。

6条【契約の成立】

  1. 案件において、クリエイターは、クライアントと業務内容、仕様、納期、単価、数量、納品場所、著作権の帰属などについて協議し、見積りを提出するものとします。
  2. 案件においては、クライアントが案件を発注した時点で、当社との業務委託契約が成立するものとします。
  3. 案件においては、クライアントが案件を発注した時点で、当社はクリエイターに当該業務を再委託するものとします。

7条【再委託】

  1. クリエイターは、案件の業務の全部又は一部を第三者に再委託してはならないものとします。但し、クライアントによる事前の承諾がある場合には、クリエイターの費用と責任において、案件の業務の全部又は一部を再委託できるものとします。
  2. クリエイターは、業務を第三者に委託する場合、当該第三者に対し、第15条の守秘義務、第16条の個人情報の保護に定める内容の機密保持義務を課すとともに、当該第三者の行為がクリエイターの履行補助者としてのものであること、および当該第三者に委託したことをもってクリエイターの責任を何ら減免するものでないことを承認するものとします。

8条【料金の支払い】

  1. 案件においては、クライアントは第6条第1項に定める見積りの承認時に銀行振込、または所定の方法にて見積りに記載された料金の全額を当社に仮入金するものとします。ただし、月締め支払い契約を当社と締結した場合はこの限りではありません。
  2. 前項において仮入金された案件が第13条により規定された方法によりキャンセルとなった場合、当社は仮入金された金額を返金するものとします。
  3. 案件が完了登録された翌月月末までに案件発注金額を当社に入金するものとする。

9条【納入期限の遵守】

  1. 案件において、クリエイターは、見積りに定める納入期日を遵守しなければならないものとします。
  2. クリエイターは、理由の如何を問わず納入期日までに成果物を納入することができないと判断した場合は、直ちにその旨を通知し、クライアントの指示を受けなければならないものとします。

10条【案件の完了】

  1. 案件において、クリエイターはクライアントに対し、定める期日までに、所定の納入物を納入するものとします。その際、所定の検収依頼処理をし、検査期限を定めるものとします。
  2. クライアントは、前項に定める納入があった場合、速やかに検査を行うものとします。
  3. 案件において、クリエイターは、納入物の納入に際し、クライアントに対して必要な協力を要請できるものとし、クライアントはクリエイターから協力を要請された場合には、すみやかにこれに応じるものとします。
  4. 案件において、納入物の滅失、毀損等の危険負担は、納入前についてはクリエイターが、納入後についてはクライアントが、それぞれこれを負担するものとします。
  5. 案件において、クライアントは、本件成果物が検査に適合する場合、納品物の承認処理の上、クリエイターに通知するものとします。また、クライアントは、本件成果物が前項の検査に合格しない場合、クリエイターに対し不合格となった具体的な理由を明示し、修正又は追完を求めるものとし、不合格理由が認められるときには、クリエイターは、協議の上定めた期限内に修正してクライアントに納入し、クライアントは必要となる範囲で、前項所定の検査を再度行うものとします。
  6. 前項所定のクリエイターによる修正において、事前に話し合った仕様にない修正内容が生じた場合、クリエイターは修正料金を請求できるものとします。
  7. 案件において、クライアントによって検収完了処理がされない場合であっても、検査期間内にクライアントが具体的な理由を明示して異議を述べない場合は、本件成果物は、本条所定の検査に合格したものとみなされます。
  8. 本条所定の検査合格をもって、案件の完了とします。

11条【報酬の支払い】

  1. クリエイターは、前条第1項に定める案件の料金には以下に定める当社手数料を含んでいることに同意するものとします。
    50,000円未満の部分:料金の20%
    50,001円以上100,000円未満の範囲:料金の20%
    100,001円以上200,000円未満の範囲:料金の10%
    200,001円以上の部分:料金の5%
  2. 当社は、案件の完了時にクリエイターへの報酬支払いの債務を負うものとします。
  3. 案件がクライアントの責に帰する事由で中止(キャンセル)となった場合、当該案件が報酬保証オプションの適用案件であり、案件情報にて作業進捗状況が記録されていることを条件とし、当社は、クリエイターへの第14条第2項で定める条件に応じた報酬支払いの債務を負うものとします。
  4. クリエイターによる当社への所定の振込依頼手続きをもって、クリエイターが指定した銀行口座に報酬は支払われるものとします。
  5. 当社は、案件が完了した翌々月10日に報酬を支払うものとします。なお当該日が土日祝日の場合、翌営業日に報酬を支払うものとします。
  6. クリエイターが報酬支払いの指定口座として日本国外にある金融機関を指定する場合、当社は報酬の支払時に当該の振込にかかる手数料を控除するものとします。
  7. クライアントが支払いを遅滞する場合、当社はクライアントに債務履行を促す努力をする責任を負い、クリエイターと協議の上、一定期間報酬支払いを猶予できるものとします。

12条【成果物の品質の保証】

  1. クライアントは、クリエイターのプロフィールの閲覧および案件提案の内容、案件情報での協議を通じて、正式発注前にクリエイターの業務遂行能力を確認する義務を負います。
  2. クリエイターは、プロフィールの掲載内容および案件情報の内容において、真実の内容を記載・発言する義務を負います。
  3. 案件についての履行遅延、成果物の仕様不適合、成果物の瑕疵などの問題があった場合、協議された内容に基づきクライアント、当社、クリエイターの間で協議の上、解決するものとします。解決の方法として当社が損害賠償の責を負う場合、その金額は当社が当該案件においてクライアントより受領した料金を上限とします。
  4. 前条の検査完了後、納入物について事前に話し合った内容との明瞭な不一致(以下本条において「瑕疵」とい う。)が発見された場合、クライアントはクリエイターに対して当該瑕疵の修正を請求することができ、クリエイターは、当該瑕疵を修正するものとします。但し、クリエイターがかかる修正責任を負うのは、前条の検収完了後6ヶ月以内にクライアントから請求された場合に限るものとします。
  5. 前項にかかわらず、瑕疵が軽微であって、納入物の修正に過分の費用を要する場合、クリエイターは前項所定の修正責任を負わないものとし、クライアントは新たに案件を作成し、クリエイターに修正の依頼をするものとします。
  6. 第4項の規定は、瑕疵がクライアントの提供した資料等又はクライアントの与えた指示によって生じたときは適用しないものとします。但し、クリエイターがその資料等又は指示が不適当であることを知りながら告げなかったときはこの限りではありません。

13条【納品物の著作権】

  1. クライアントが、クリエイターと納品物の著作権の帰属について協議し、案件情報に記載された条項を承認することによって著作権譲渡契約または著作物利用許諾契約が締結されるものとします。
  2. 前項において定めた著作権の帰属は最終成果物のみに適用され、案件の進行過程においてクライアントおよびクリエイターにより提出された資料および成果物の著作権については適用されないものとします。
  3. クリエイターがクライアントに著作権を譲渡する場合、当該著作権には日本国著作権法第27条および第28条に規定されている権利を含むものとします。

14条【案件のキャンセル】

  1. クライアントおよびクリエイターは、案件のキャンセルを所定の手続きで申請し、それを相手方が所定の手続きにより承認する事で、双方合意の上、案件をキャンセルすることができるものとします。この際、当社およびクリエイターはいかなる名目の料金・報酬もクライアントに請求できないものとします。その際、第8条第1項に定められた方法により仮入金がされている案件においては、当社は仮入金された金額の全額を返金するものとします。
  2. 正式発注後にクライアントの事情により案件をキャンセルする場合、クライアントは当該時点までに発生した作業割合をクリエイターと相談の上、案件の料金の内、作業割合分を新たに当該案件の料金として定め、支払うものとします。その際、第8条第1項に定められた方法により仮入金がされている案件においては、当社は仮入金された金額のうち、クリエイターの作業割合分として定められた金額を控除した金額をクライアントに返金するものとします。
  3. クリエイターは、次項所定の事由以外では、業務委託契約の解除はできないものとします。
  4. クライアントまたはクリエイター、当社は、相手方に次の各号のいずれかに該当する事由が生じた場合には、何らの催告なしに直ちに業務委託契約を解除することができるものとします。
    • 重大な過失又は背信行為があった場合
    • 長期に渡る連絡・納期の遅延が発生している場合、および案件進行の見込みがない事が明らかな場合
    • 支払いの停止があった場合、又は仮差押、差押、競売、破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始の申立があった場合
    • 公租公課の滞納処分を受けた場合
  5. その他前各号に準ずるような業務委託契約を継続し難い重大な事由が発生した場合、クライアントまたはクリエイター、当社は、相手方が本規約のいずれかの条項に違反し、相当期間を定めてなした催告後も、相手方の債務不履行が是正されない場合は、業務委託契約を解除することができるものとします。
  6. クライアントは、第4項各号のいずれかに該当する場合又は前項に定める解除がなされた場合、相手方に対し負担する一切の金銭債務につき相手方から通知催告がなくとも当然に期限の利益を喪失し、直ちに弁済しなければならないものとします。

15条【守秘義務】

  1. クライアント、クリエイターおよび当社は、案件の進行において取引相手から得られる一切の情報、資料などを第三者に開示または漏洩しないものとし、業務に必要な範囲外の目的に使用してはなりません。
    ただし、次に該当する事項はこの限りではありません。

    • 既に公知であるもの、もしくは公知になったもの。
    • 情報を得る前に、既に自らが所有していたもので、かかる事実を立証できるもの。
    • 正当な権限を有する第三者から合法的な手段により入手したもの。
    • 取引相手に情報、資料などの開示を許可されているもの。
  2. 第1項に定める義務は、案件の終了後も存続するものとします。

16条【個人情報】

  1. 当社は、ユーザより提供された個人情報を別途定めるプライバシーポリシーに基づき、適切に取り扱うものとします。
  2. クライアント、クリエイターおよび当社は、案件の進行を通じて取引相手から提供された個人情報について以下の通り取り扱うものとします。
    • 個人情報を秘密に保持し、第三者に開示又は提供しないこと。
    • 本件業務遂行及び個人情報の提供目的に必要かつ合理的な範囲を超えて個人情報をいかなる目的にも利用又は加工しないこと。
    • 提供元から指示を受けた個人情報の安全管理対策を徹底して実践すること。
    • 安全管理上必要なバックアップ目的以外に、提供元の事前の書面による承諾なしに、個人情報を複写又は複製しないこと。
    • 個々の業務が終了した場合には、個人情報を提供元の指示に基づき、再生不可能な形で消去するか、または提供元に返還すること。
    • 個人情報の目的外の利用、不正アクセス又は個人情報の紛失、破壊、改竄、漏洩等の事故が発生したとき、またはその恐れがあるときは、直ちに提供元に報告すること。
    • その他、個人情報の取扱いに関し、提供元の指示に従うこと。
  3. 第2項に定める義務は、案件の終了後も存続するものとします。
  4. 本条における個人情報とは、個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、連絡先その他の記述、または画像もしくは音声によって当該個人を識別できるものをいいます。また、当該情報だけでは識別できないが、他の情報と容易に照合することができ、それによって当該個人を識別できるものを含むものとします。

17条【禁止事項】

ユーザは、当サービスの利用において、次の行為を行ってはならないものとします。禁止事項に違反した場合は、当社は当該のユーザとの取引を中止し、アカウント削除、損害賠償請求などの措置をとることができるものとします。

  1. クリエイターがクライアントに対して、当社や当社代理店の手数料について言及したり、自身の受け取る報酬額を開示する行為。
  2. 見積り募集・応募およびコンペ募集・応募において、電話番号やEメールアドレス、ホームページアドレスを記載して当サービスを介さない取引に誘導する行為、またはこれに応じる行為。
  3. 案件の進行において、当サービスを介さない取引に誘導する行為、またはこれに応じる行為。(当サービスで取引を開始したユーザと再度取引する場合を含む)
  4. 当サービスと関わりの無い商取引および活動に誘導・勧誘する行為、またはこれに応じる行為。
  5. プロフィール、見積り募集・応募の内容などにおいて、虚偽の内容を記載・発言・告知する行為。
  6. 第三者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為。
  7. 第三者の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為。
  8. 当社およびクリエイターを含む第三者を不当に差別もしくは誹謗中傷し、又はその名誉もしくは信用を毀損する行為。
  9. 第三者の財産および権利を侵害する目的で業務を委託する行為。
  10. 犯罪に結びつく、または結びつくおそれのある行為。
  11. クリエイターに犯罪または規約違反をそそのかす行為。
  12. 当社のサーバーに蓄積された情報を不正に書き換え、又は消去する行為。
  13. 当社のサーバーまたはクリエイターに有害なコンピュータープログラムを送信する行為。
  14. 当社のサーバーに意図的に高負荷をかける行為
  15. 当サービスの運営やネットワーク・システムに支障を与える行為、又はこれらのおそれのある行為。
  16. 当サービスおよびクリエイターの知的財産権を侵害する行為。
  17. 法令または公序良俗に違反する行為。
  18. その他、当社が不適切と判断する行為。

18条【知的財産権】

  1. 当サービスに含まれるすべてのコンテンツは、当社、またはユーザおよびその他のコンテンツ提供者の財産であり、日本および該当国の法律、および知的財産権に関する国際法によって保護されています。
  2. 当サービスのコンテンツを複製、翻案、再配布、公衆送信する場合には、事前に当社および当該コンテンツの著作権者の許諾を得るものとします。
  3. 当社は、ユーザが当サービスの利用において当社に送信したコンテンツを、ユーザの許諾を得た場合に限り、使用、複製、翻案、再配布、公衆送信できるものとします。

19条【当サービスの中断・停止・終了】

  1. 当社は、当サービスをいつでも任意の理由で追加、変更、中断することができます。
  2. 当サービスを終了する場合、当社はサービスを終了する30日以前に当サービス上のページにおいてユーザに告知します。

20条【免責事項】

  1. ユーザから送信された申し込み情報に関して、記入もれ、誤入力、判読不能な文字化けなど、当社に帰責事由のない場合に生じた損害について、当社は一切その責任を負いません。
  2. 当サービスを利用するにあたり、ユーザに生じたシステム上の損害(ハードウェア・ソフトウェアを問わず)について、当社は一切その責任を負いません。
  3. 当サービスには情報を入力する際にSSL暗号化技術を採用しておりますが、その安全性については当社によって保証されるものではありません。万一当社に過失なく損害発生した場合には、当社はその責任を負わないものとします。
  4. ユーザが当サービスの利用によって当社および第三者に対して損害を与えた場合、自己の費用と責任をもって解決し、その損害を補償するものとします。
  5. 通信回線やコンピュータなどの障害によるシステムの中断・遅滞・中止・データの消失、データへの不正アクセスにより生じた損害について、当社は一切その責任を負いません。
  6. 当社はユーザに対し、適宜情報提供やアドバイスを行うことがありますが、それにより責任を負うものではありません。
  7. ユーザが本規約に違反したことによって生じた損害については、当社は一切その責任を負いません。
  8. 納品された成果物が、第三者から当該第三者の知的財産権を侵害したとして警告または訴訟の提起をうけたときは、当事者ユーザおよび当社は、協力して当該侵害事件を解決するものとします。

21条【準拠法など】

  1. 本規約に関しては、日本法を準拠法といたします。
  2. 当サイト利用により発生した紛争については東京地方裁判所をもって専属合意管轄裁判所とします。

22条【本規約の変更】

当社は予告なしにユーザに個別に通知することなく、いつでも本規約を変更できるものとします。
変更後の本規約は、当サイト内の適宜の場所に掲示された時点からその効力を生じるものとし、ユーザは本規約の変更後も当サービスを使い続けることにより、変更後の本規約に同意をしたものとみなされます。